また明日

日々の興味。前向きに。

『厚労省と新型インフルエンザ』を批判的に読む

過去に学ぼう

#COVID19 の流行について日々感染拡大の状況が伝えられ、少し落ち着かない気持ちが出てくる頃合い、10年前の新型インフルエンザH1N1の流行時から学ぶことが何かあるか?と思い、図書館で『厚労省新型インフルエンザ』木村盛世著(講談社現代新書)を借りてきた。

万人が今読み返すべき名著!とは言わない。厚労省への批判や主観というべき内容も多くそういう毒の部分を丁寧に除去して客観的に頷ける部分だけを取り出す作業が必要になる本だと思うので。

内容として以下少しずつ抜粋してみます。

p.41

新型インフルエンザが発生した当初は、検疫の有効性をどのメディアも取り上げました。しかし何度でもどんな機会にも正しいことを繰り返すことにより、だんだんと流れは変わっていきました。そして多くのメディアが「検疫偏重はおかしい」というようになりました。 

 ここで著者の立場が「検疫偏重はおかしい」というものであったことを押さえておきます。検疫とは今回も重要施策となっている「水際封じ込め」のことと思われます。

悪のバイブル行動計画

p.47

今回の行動計画のメインは「水際封じ込め」と「学校閉鎖」の二つです。検疫は厚労省が検疫所を通じて直接活動をお茶の間にアピールできる最良の方法ですし、学校閉鎖にしても、官僚たちの強制的な執行力を地方自治体や世間に知らしめる絶好の見せ場だったのではないでしょうか。 

動機の推察はともかく、現在と同じような状況だったことが伺えます。

p.50

検疫強化のシナリオに基づいて、ものものしい空港検疫をするよう厚労省から命令が下りました。(中略)

考えてみれば水際作戦とは労多くして益少なし、という戦法であることがわかります。すなわち費用対効果が低いということです。 

今回の水際作戦は主に政府チャーター機に対して行われており、この当時よりは合理的な範囲になっているように感じられます。

その後の展開、

 p.62

政府が日本の新型インフルエンザ封じ込め成功をアナウンスし続ける中、海外からやってくるはずの病気が国内で発生しました。(中略)

こうした騒ぎによって、低病原性H1N1インフルエンザは「とてつもなく危険な病気」としての地位を確固としたものにしたのです。それゆえ、患者を出した高校の校長先生は誹謗中傷の的となり、罹患した高校生も塾などでいじめられるなどの社会現象を生みました。

 封じ込めは、もちろん100%はできませんでした。しかし今回は「できているはず」という予断がなかった分、日本人は進化したのかもしれません。

p.67

このように地域ごとにPCR検査までするかどうかの基準がまちまちであったため、一番積極的に検査をした関西地域が結果として”蔓延地帯”としてクローズアップされてきたのではないでしょうか。そのため大阪・道頓堀付近は、マスクをした人々で埋め尽くされ、異様な光景になりました。 

マスクは本来、せきをしている人がつけるのは感染を広げないために有用だとされています。しかし、ウイルスが体の中に入っていない健常人が予防としてマスクをすることでウイルスの侵入を防いだという科学的根拠はないのです。
せきをしている人に対して取る防御策がいつの間にか「マスクをつければインフルエンザに罹らない」という”神話”を生んだのでした。新型インフルエンザが発生してから多くの”インフルエンザ専門家”がメディアに登場しました。その専門家たちも「マスクは有効だ」と行っていたものですから、みんなこぞってマスクを買いに走りました。(中略)

 今後第二波が訪れた場合、またマスクをつけた人たちで街があふれかえるのではないでしょうか。今度は関西地区でなく日本全体がマスク集団と化すことも十分考えられます。

この辺は昔も今も。。その後p.78からの外出を差し控える人が増え、献血も減ったことによる血液製剤不足の記述あり。これは今回も懸念されるところ。

 

公衆衛生学的にみるとどうなのか

費用対効果からみた検疫

p.89

では、日本の感染症対策に費用対効果分析の結果をもとに導入された政策はどこにあるでしょうか。少なくとも私が知る限りにおいてはどこにも存在しません。

新型インフルエンザ対策における検疫についてこのような意見も聞かれます。

「検疫強化を意味がないと言ってやめてしまった場合、重症患者が一人でも出てしまったらどうするのだ」

これに対し、もし私が政策決定者だったら「季節性のインフルエンザで毎年1万人近くの死亡者が出ている。この事実を認識した上で検疫強化に対する検疫強化に対する費用対効果分析をしてみればよい」と答えます。もちろん費用対効果の結果だけで政策決定が行われることはありませんが、少なくともやっておかなければならない分析の一つです。

これは確かに、と思う部分。感染力というのは感染してみるまでわからない、というのも歯痒いところではありますが。

p.91

厚生労働省は(2009年)六月二十四日に全数把握からクラスター・サーベイランスという方法に切り替えました。クラスター・サーベイランスというのはかかった患者すべての数を把握するのではなく、集団発生(クラスター)したところだけ捉えて検査をするという方法です。(中略)

データを正確に取るためのサーベイランスは、どの地域のどの程度の広がりがあるのか、どんな年代層に多いのか、性差はどうか、と言ったように病気の特性をとらえるために有用です。インフルエンザの第二波に供えたり、将来への参考にしたりと、重要な役割を持っているわけです。

もちろん全数把握というやり方は患者の数が多くなってくれば、検査をする場所やデータ管理をする部署がパンクして対応しきれなくなるので、臨機応変サーベイランスの方法を変えるのは当然です。しかしクラスター・サーベイランスは基本的には初期に小さい発生を発見して対策を講じるために行うので、今回の新型インフルエンザに対して行われたクラスター・サーベイランスへの切り替えが意味のあるものであったかどうかははっきりしません。

時系列的には「二〇〇九年四月二十八日の日本政府の新型インフルエンザ発生宣言」という記述がありますので、2ヶ月は全数調査をやっていることになっていた、ということですね。今回はもう少し短縮されたでしょうか。

この後、今回も力を入れている「積極的疫学調査」について意味があるのか、という議論になります。

p.95

患者の軌跡をたどり個人のプライバシーを世間にさらけ出すこと以外に何か変えたものはあったでしょうか。

答えは「何もなかった」です。追跡調査にしてもなんにしても、調査をするためには目的と必要性があります。厚労省が行う調査はこの基本を全く無視したものです。感染症における追跡調査が必要なのはその病気がなんらかの手段を用いて封じ込め可能である時だけです。(中略)

ではインフルエンザは結核天然痘という二つの感染症と何が違うのでしょうか。

決定的に違うのは、インフルエンザには患者を追跡していって接触した人たちをつかまえたところで、病気の広がりを抑える手立てがないということです。結核には予防投与という治療法が確立していますし、天然痘にはワクチンがあります。いずれも発症する前にほぼ百パーセント予防できる手段があるのです。しかしインフルエンザにはこうした手段はありません。ワクチンもタミフルも完全な効果をもっているわけではありませんから、こうした追跡調査自体が意味のないことなのです。

全数調査=完全封じ込めにするためのもの

クラスター・サーベイランス=ウイルスの性質への理解を深めるためのもの

ということになるだろうか。追跡調査は感染危惧群を特定するための調査であり、感染したとしてもなんら医学的対処法のない場合には追跡に意味は薄いということのよう。まあ接触者に出歩くなという命令をする必要はあるのだろうけど。

現時点で、ウイルスの性質について完全な理解が得られているとは思えない。すでに得られた検体によって、ワクチンの開発や迅速検査薬の研究なんかはできるのかな。

 

この後、学校閉鎖の効果は?というところにつながっていくのだけど、ちょっと長くなった、明日にしよう。

 

なるべくじっとして、ご自愛くださいませ。