また明日

日々の興味。前向きに。

そんなの、ひどい。

 

たまたま阿吽が、そこにあったからで、阿吽の言葉遣いをウンヌンしたい意図は全くありません。

さて、非道いということばですが、この書き方は彼岸過迄漱石の当て字という記載をいくつか見ました。本来の書き方は「酷い」でしょう。

このことを簡易的に検証するために、いつもお世話になっている国会図書館の検索してみます。


f:id:ashitani_shiyou:20190813083621j:image

古いものは明治28年1895年だそうで、検索結果は201件。


f:id:ashitani_shiyou:20190813083937j:image

一方で非道いは古いもので明治40年。滑稽小説なんだそうで、となると大正元年から連載開始の彼岸過迄よりも古い例になり、漱石先生ご考案という看板がすこし怪しい。いずれにしてもヒット数はたった8件。やはりこちらが後発で且つやや奇をてらった表現なのだと考えられます。

 

私が初めて非道いを見たのは、南国少年パプワくんで、イトウさんかタンノさんのセリフではなかったかと記憶しています。ちょっと手元に単行本がなくて確認できないですが、間違ってるけど伝わるし超面白いという感想を持ちました。あれが1991年からの作品なので100年の時を経て見いだされたといってよい(よくない)。1975年の週刊明星に、『聞くも涙、3億円事件で非道い目にあった人々』という記事があるので100年間死語だった訳じゃないか。

 

阿吽は仏教用語の「道」を意識しての意図的な選択なのだと思うのですが、他の面白用例が強すぎてちょっと引っ掛かりを感じた次第です。

 

さて、調べてみるとネットの語源辞典(あれ、合ってるやつなのかなあ)には非道が語源だと書いてあり、知恵袋(これもなー)でもその説が多数のよう。でも非道いが語源だとすると、この非道い表記のマイノリティぶりが、不可解だ。

 

辞書をひとつ引いてみた。角川新国語

酷しくなんて、聞いたことないけど、いつ頃の文語なのかしら。謎が多いなあ、江戸の言葉のような感じがするのだけれどな。

 

暇なときに、ボチボチ調べます。あしたにしよう。