また明日

日々の興味。前向きに。

老害、あるいは老概

いかんせん老いる。不惑になんなんとして、不惑に備えている。今は空中に吊り下げられて、だんだんと地面が近づき、ワイヤーも外されようとしているという局面で、なるべくピタリと良い姿勢で着地したい。

それが、不惑というものへの気構えです。まだ、ワイヤーの下がり具合が足りなくて、足がつかないような気がして、もがいている、それが今の心境です。

 

大人になるというのは、自分が果たすべき役割を果たす能力と覚悟(あきらめ?)をえることだと。居場所を決めて、スタとそこに着地することなのだと、今この時点では、思っている。その役割を、ひたすらに、良く果たすことで、世界が良くなっていくのだと信じることができれば、しあわせ。

 

役割がたとえば「ハムの人」だとしても。

 

はい、そんなこんなで今日の泣いたところ。

 


f:id:ashitani_shiyou:20190406205858j:image