また明日

日々の興味。前向きに。

記憶の中の一冊を、掘り起こして

失われた記憶

タイトルも作者もはっきり覚えていない、でも気になって仕方がない子供の頃の一冊。それを思い立って掘り起こして来たので、やったことを書く。

誰か他にも探しものをする人もいるかもしれないし、私ももう一度忘れるかもしれない。忘れても思い出したことがあることさえ覚えていれば忘れることは怖くなくなる。

児童書に詳しい人なら、すぐピンとくるかもしれないのだけど覚えていた手がかりは次の通り。

  1. アフリカに怪獣(怪人?)が出現する。アスファルトから出てくる?
  2. 児童書だが大きくないいわゆる文庫サイズだったはず。
  3. 表紙には顔が白くて黒い空洞の目をしたおばけみたいなモノの絵

 

手がかりはどこだ

まずはgoogle先生だよねと「アフリカ 怪獣 児童書」などで検索するもピンとくる結果はなく。

アフリカ子どもの本プロジェクト:おすすめ本:児童文学

こういうページも、とても面白かったけど。この検索で合間合間に半日くらいしていた。「表紙 白い 怪人 児童書」で画像検索とか。やはりgoogle先生は新鮮な情報が好物だから30年以上前の本には疎いのかも。とすると別のアプローチを考えないと。。。 

題名の忘れた本の検索サイトを教えてください。 -ホームズやルパンの時- 事典・辞書 | 教えて!goo

ここで見つけた連想検索というのも興味深かったけど、ゴールにはたどり着けなかった。

ブックオフのデータベースの良さ

ここで手掛り2のアプローチを検討。すなわち、読んだのが幅を見て10歳だとして、私の生年+10年より前に出版された全ての文庫サイズの児童書のタイトルを全部見ればピンとくるでしょ、と。

そういえば表紙の枠取りがあった気がする、ということで講談社青い鳥文庫ではないかとあたりをつける。

青い鳥文庫 全作品 - Google 検索

この検索の20件くらいにブックオフの検索結果があるわけです。

http://www.bookoffonline.co.jp/bo/ec/mb/ctoc/serch/result?jsessionid=277FD067738CADB8FE2164414CF8D043.c&q=%90%C2%82%A2%92%B9%95%B6%8C%C9&st=z&bg=1205&getUid=1&guid=on&refererurl=mbd/L001,row=50,bg=1205,q=%90%C2%82%A2%92%B9%95%B6%8C%C9&x+xjid=277FD067738CADB8FE2164414CF8D043.c&x+xcookie=on

PC、スマホともにぜひ一度ご覧いただきたいのですが、本当に過不足ないシステム。書影もきちんと入り、とても見やすい。

とはいうものの、古い順に並べて発売年で見渡したがピンとくるものはなかった…。

もうこの世に一冊もない本なのだろうか、天下のブックオフといえども全ての本を網羅しているわけではないのだろうか。

そして国会図書館

ブックオフでの捜索が不調に終わった原因は

  1. ブックオフのデータベースが全書籍を網羅していない
  2. 探している本が青い鳥文庫ではない

という2つの仮説が成り立つ。こういう場合確かめやすい方から潰すのが近道。全書籍が網羅されているであろうデータベースといえば国会図書館である。

はじめてアクセスしたよ、国会図書館。こちらもスマートフォンにも対応しており、素晴らしい情報資産だ。

国立国会図書館オンライン | National Diet Library Online

こちらも古い順で並べて見たのだが、残念ながらそれらしき本を見つけることはできなかった。

ということは、青い鳥文庫というのは、勘違いだったことになる。あの本を出したのは誰だったんだろう。

 

長くなった。つづきはまた明日にしよう。