また明日

日々の興味。前向きに。

大人と子供は裏返し

 コドモという存在が発見されたのは、比較的最近のことで、それまでは小さなニンゲンというだけの存在であったと聞きました。

 原始的な社会においうてはコドモというには半人前の労働力でした。身体的な発達においてのみ評価すればそれはまさしくその通りなのだと思います。では、なぜコドモという概念を生みださなければならなかったのか。そこには経済成長=生産性の向上というものが存在していたのでしょう。現世代と、次世代の労働の質が違うという状況になって初めて、己が行ってきたのと同質の労働を担わせるのではなく、教育を施して、自分の世代よりも高生産な労働に従事させることが親として合理的な選択になった。その時にはじめて教育されるべきニンゲンの形態すなわちコドモが意識されるようになったと。

 次世代の人間が、自分たちの世代とは異質に高生産な存在になりうるという認識、それを人は希望と呼ぶのだと考えます。

 オトナ期の人間とコドモ期の人間の取り扱いは、真逆と表現しても差し支えないほどです。それは一言で言えば、インプット期とアウトプット期と言って差し支えないのですが、単純にそう言ってしまうとすこし物足りなく感じます。教育というのは、コドモたちを前に進めるために、下から引っ張るとことに似ています。彼らにはポテンシャルがあり、それは例えば坂の上にいるようなものだからです。最初に適切に引っ張ってあげれば、丸いものが坂道を転がり下りるように快く前に進んでいく。その最初の一引きが教育といわれるものだと考えています。スイスイと転がって前に進むコドモもいれば、途中で難儀する子もいるでしょう。それは本人の丸さが足りないのか、道がデコボコしているのか、はたまた引っ張る力が弱いのか、目に見えるセカイでない以上、それは個別によく観察して工夫して、なんとか進めるしかないのです。でも下り坂なのは確かですし、障害を取り去ることができれば、またコロコロと前に進んでいくことができるのだと信じたい。そう思います。

 でも下り坂はいつか終わりが来ます。最初に引っ張ってもらったエネルギーだけでは登れない上り坂が始まるのです。私はその下り坂のところをコドモ期、上り坂に差し掛かってからをオトナ期であると呼んでいるのです。下り坂から上り坂に変わる、それが大人と子供は裏返しという意味です。

 登ることを諦めて、下り坂をどんなに早いスピードで駆け抜けることができたかの思い出を胸に前に進むことやめてしまう、なんてこともあるかもしれません。下り坂で沢山の障害にぶつかった人の方が、自分の中にエンジンを作り出すことができ、上り坂でも順調に前に進めるかもしれません。スキー板でカニ歩きをするように、一歩一歩斜面を登っていくことを決めた人もいるかもしれません。

 老いと呼ばれるこの衰退の上り坂で1センチ、1ミリでも前に進んでいくのだという楽観的な意思が大人の力であると考えています。

どれだけ軽やかに前に進んで行っているか、それが大人の格好良さだと。