また明日

日々の興味。前向きに。

犀の角のように、ですか、おにいさん?

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

 

お釈迦様が、犀の角のようにただ独りで歩めと言っていた。インドサイは群れを作らずただ一頭で生きていくものだからと、いう説があるけど。

でもそれなら、犀の角のようにではなくサイのように一人歩めになるはず。

 

サイではなくて、その角のことが今話題になっている。  

犀の角は前に進む、でもそれはサイが進んでいるのだ。

犀の角は独りだ、でもサイがいなければ犀の角もない。

 

はてさて犀の角はなんで犀の角でなきゃいけなかったのか?

もしお釈迦様に会う機会があったら聞いてみたい、意外と「いや、その場のノリで言っちゃったのよ」みたいな。ウソー、みたいな。

 

聖☆おにいさん的な楽しみ方。